ニンジンスキーに捧ぐ

れっつキモヲタライフ

今後の同人活動

私は先日上の日記で「放流者が逮捕されるまでもう同人活動は休止する」みたいなことを書きました。
ウェブサイトのトップページにも「エルフファンタジーでアダルトを描くのはやめ、今後は近世の~」と書きましたが


実はこのところエロそのものに対する情熱がほとんど消え失せかけている状態です。

放流されたショックやあのあと後ストレスで不正出血し続けていることも原因です。(病院で処方箋で様子を見ましょうと言われました)
ひょっとしたら、神様が「お前はもうエロ漫画を描くのをやめろ」とおっしゃっているのかもしれないと
ここ数日は感じてます。

私はエロ漫画を自費出版するときは最低限、ストーリーがうんこでも自分が「これはエロい!うん!」と思ったものを
出すようにしていました。作者の自分がエロいと感じなければ読者が読んでもエロいと感じないからです。
私はエロ漫画に情熱だけは注いできたつもりだ。空回りすることも多かったけれど。

したがって、今後このエロの情熱がない状態でエロを描いてそれを売りに出すのは読者の方々を馬鹿にする行為だと思います。


ですので、こんどの夏コミケ(当選すれば)を区切りに、この精神状態が続くなら、もうエロ漫画の執筆自体
無期限休止する方向でいこうと思います。もちろんエロへの情熱が回復すればその後も続けていきたいけれど。
お金を出して本を作ってその対価を得ることだけが同人じゃないもんな。

正直警察も犯罪者が海外サーバを通していると足をつかむのは時間がかかる場合があると言っていた。
今後あの放流者の家の前に警察が立つ日がくるかどうかはわからないし
私も実際のところ警察のサイバー方面の捜査能力に期待しきっているわけでもない。


描き続けて10年、長いようであっという間でしたが・・・
私は今これを描いている。もしこれが最後の本になるならば、最後の煩悩をふりしぼって命がけで描こう。
それまであと少しだけお付き合いください。

1969ki.jpg



  1. 2016/03/12(土) 23:32:37|
  2. 未分類