ニンジンスキーに捧ぐ

れっつキモヲタライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さらばテュービンゲン

いまテュービンゲン駅にいます、いやもう列車出発しました。これからシュトゥットガルトに行き二時間ほどふらっとしてからフランクフルトへ。
明日日本帰りの便に乗ります。

私は話を描くためにこの地方への興味や調べたいことがあり滞在していましたが、予想以上にこのシュワーベンが好きになりました。
毎日のようにマゾの如く知らない村や山や農地をハイキングしてました。親切な人との出会いもありました。
あらかじめ持っていた疑問点が解決するに比例して、いや二倍にも三倍も新たに知りたいことが増えました。

だからまたさらに訪れようと思います。今回のようなどケチ旅なら、日本で無駄遣いしなければ海外渡航もそこまで敷居は高くはないです。
宿泊先は殆どドミトリーとプリヴァートツィマー(部屋貸し)で16〜23ユーロ、ホテルといえばフランクフルト往き帰りとシュトゥットガルト滞在時のみの
一泊4000円前後のとこでしたから、まあかなり費用を抑えられた気がします。フィンランド航空代も安かった。

部屋貸しの大家さん「またテュービンゲンに来てね、いつでも貸すから!」と言ってくださって安心しました。これで再訪のさいは宿に困らない!笑
日本人を受け入れたのは私が初めてだったようでしたが、ほんとに助かりました。部屋代も光熱費込みでかなり安いのにホテルより居心地が良かったなあ。

調べたいことも山ほどありますし、リベンジしたいことがらもあります。
またくるぞー!!あとハンブルクのWACKENまじ行きたい!!笑
  1. 2015/08/23(日) 21:21:24|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。