ニンジンスキーに捧ぐ

れっつキモヲタライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

In my heart you're still here, its the bond that we share

ずっとEPICAの新アルバム The Quantum Enigmaについてレビューを書こうと思っていたのですが全然書いてなかった。
時間がないけれども、最も愛する曲「In All Conscience」だけでも書こうと思いました。

私は去年本気でどん底だったのですが、この曲はそんな私をスランプのような気鬱から一気に引っ張り出してくれたうえに、
何か神的なものを感じたほどのものでした…決して大げさでもなく冗談抜きでです。

こんな美しい曲は今まで聴いたことがないって素で思いました。演奏、クワイア、シモーネの声、そして歌詞全て



このアルバム本体を持っておられる方は御存じかもしれませんが、ブックレット兼ポスターの図柄が
「誕生-生-死」を表現していて、最後の最後に収録されているこの曲は「死」にあたる部分なのかなと思います。
アルバム自体が一つの物語になっているようだと感じました。
今でもこの曲を聴くたびに色々考え込んでしまうよ。

(なお神的なものを感じたと書いてますがEpicaのメンバーは確か無神論者か汎神論者(仏教的な考え?)だったはず)




まさしく余談なんですが、この曲を2回ほど聴いたときに色々私の中で燻っていた
「刺」のラストが一気に完璧に決まりました。やったぜ。単なるエロ漫画のくせに随分悩みました。
あとは中間のストーリーをこのラストにつなげるようこねくり回すだけだ。

とにかくこの曲、いやこのバンドには本当に感謝してもしきれないですね…。まさにEPICです。
  1. 2015/06/30(火) 23:50:33|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。