ニンジンスキーに捧ぐ

れっつキモヲタライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏コミケ

夏コミについてコミ1でもコミジェネでも訊かれたのでここで書いておきます、申込しておりません!!!
しかし冬コミは申込したいんですけどちゃんと申し込めるかしら?それが心配だ!
といいますのもその時期たぶん私日本にいないと思われるのです(取材渡航のため。)

「刺」やこのまえ少し紹介した粉挽き屋の次男坊と農婦の話とか、ものすごい書きたい話なんですが
図書文献をどれだけ見ても書かれていない情報、細部やきちんとした農村や街の景色、
村独自の風習や宗教観についてはなかなか知ることができないので、
ちゃんと自分で取材に行って自分で見てこなければと思った次第です。

とくに農村部は資料がどうにも少なくて(;´Д`)マニアなことが書かれている文献は少しあるけど、
それを見ているうちにもっと詳しく知りたいと思うようになっていた。

完全に一人旅なんだけどまあなんとかなるだろう(適当)・・しかし海外なんか大学生の時に行ったっきりだ。大丈夫なのか。
ペンパルちゃんにも会いたい。北部ニーダーザクセン(ブレーメンに近い)の子なんですが、ちょっとでもお得に切符買うなら
Bahncard買うべきなんだろうか。でも短期滞在だしなあ。しかも解約手続きが面倒くさいとよく聞くねw

幸運なことにヘルシンキ経由で往復5桁の破格でチケット取れたんですワ 北海道や沖縄行くより安いんじょのい…。
おまけにたぶんロイトリンゲンにほぼ滞在で移動もほぼ州内しかなく、とんでもなくケチな旅行になりそうですが
知りたいことがそのヴュルテンベルク地方に物凄い詰まっている状態で、もともとそこを重点的に調べようと思ってたので良いかな。
フランクフルトからシュトゥットガルトへのアクセスがとてもいい。
持ち帰ることのできる情報は最大限持ち帰られるだけ持ち帰りたいです。見聞きはタダよ!おう!


何気に楽しみなのが、帰りのヴァンター空港でウォッカボンボンのチョコレートが
また買えるかもしれないということかなw Fazer社のなんですが、なんかこのフレーバーだけ
日本で売られてないというか取り寄せもできひんみたいで、とりわけ美味しいものでもないんですが
なんか癖になる味なんだよなあw

それと上空からフィンランドの景色をまた見れるのも楽しみなのです!昔あれを初めて見た時、本当に感動したんですよ。
一面が森と湖、そして可愛らしい一軒家がぽつぽつあって森と湖の国という名は伊達ではない。まじでエルフ棲んでそう。

  1. 2015/06/04(木) 00:14:42|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。