ニンジンスキーに捧ぐ

れっつキモヲタライフ

コミジェネお疲れ様でした

コミックジェネレーションお疲れ様でした。
初めて開催されるイベントだということもあり、人が来るのか!?と思っていたのですが、
サークル入場するときにすでに待機列がけっこうなことになってて驚きました。

会場は閉会まで通路に人がたくさんいましたね!ジャンルが色々ありましたし、
さっさと目当てを買って帰ってしまう人は少なかったのではないかなと思います。
しかもなんかぷよぷよ通対戦みたいなのしてたし(笑

私もやりたかった。といいますのも私は小学生の頃かなりぷよ通にはまっていて
大連鎖組むにはどーしたらええやろーみたいにずっとぷよたちをこねくりまわしていたのだ……。
積み方は通のミノタウロスとのほほの組み方を混ぜたような感じで、めっちゃ同色組み合わせて連鎖狙ってたなあ。



○新刊「salopp 07」も開始後ほどなくして完売しました。完売といっても20冊ぐらいしか刷ってないとかいう
 どうみてもハハッて感じのレベルなのですが・・・
 といいますのも原稿が完成(?)したのが深夜前で、そうたくさんは製本できなかったのです。
 あとそれほど人が来ないかもしれないんじゃないかなあと読んでました。ごめんなさい。

 インデックスにも記載しております通り、内容自体はめっちゃ気合を入れて描いているので
 加筆修正して今後どこかで頒布できればよいなとおもっています。

1866ki.jpg

エルフ様の夫の上司とその奥様の名前は「ダイルネル」と「フェアラミル」に決まりました。
それぞれ「勤勉者」「花のような娘」という意味合いを持っています。う~むかれらをそのまんまあらわしている…。

なお男性名はしっぽ付近の母音は u,e,o なのが一般的で、女性名はa,iなのが一般的にしてます。
それに当てはまらない例外もありますが、大体これでオスメスの区別が付くようにしてます。

私の思うハイエルフはとてもエレガントだが、どこか神経質さと皮肉と仁王立ち感(?)を兼ね備えていますので
エルフ語を作る際にドイツ語文法をベースにしていますが、それでいて語感はうってかわって軽やかなふうにしたいと思ってます。

私自身の独語はまだまだしょぼく勉強中で、至らぬ部分も多いですががんばります。

  1. 2015/05/25(月) 00:12:20|
  2. 未分類