ニンジンスキーに捧ぐ

れっつキモヲタライフ

同人と商業

よく「商業誌で漫画家が自分の描きたい漫画を描けるわけないだろ」って話題をみますが
ワンピレベルは別にして、大御所の方でもそう簡単に自分が描きたいの描けるわけでもないように思うわ。

そういや以前、エルフ漫画描かないかと言われたことがあったけど全力で拒否したことがあったなあ・・・
エルフというのは私自身のこだわりが強すぎて、言ってしまえば誰の指図横槍も受けたくないので
一枚イラストすら商業誌媒体で描くことはないだろう・・・

たとえ内容がつまらなくても自分がイイ!!と思った自身の定義するエルフしか描きたくないから
同人誌と、おそらく今後やっていくだろうウェブまんがだけをもりもり描きます。
一般で好まれる萌えも商業で通用するクオリティもないですからね
そんなクオリティのよろしくない拙作でも読者がいてくださるのは本当に恵まれていると思います・・・


うってかわって滅多に仕事の来ない商業誌はめっちゃ編集さんのいうことは耳かっぽじってききまくりますワ、
指摘とアドバイス受けた部分はそれに従って書き直せば、状態が悪くなることは絶対にありませんのですよ


そんなわけで、自分がほんとに描きたい、こだわりの強いものは同人誌で描きまくって
商業はむしろ別にこだわりがなかったり興味の無かった分野を描いたほうがいいんだろうなって思いますわ。

こだわりがない分、柔軟に情報のインプットと筆で描くアウトプットが可能な気がする。
描くためにたくわえた知識や技術も当然身について今後の人生や、間接的には同人誌の技術向上に必ず役立つしなあ。

  1. 2015/05/17(日) 21:09:05|
  2. 未分類