ニンジンスキーに捧ぐ

れっつキモヲタライフ

ハイエルフの頭部骨格


友達がお店を開店するということでオープニングパーティーに誘われたのですが
さてお祝いの差し入れは何を持っていこうか・・・と悩んだ結果、モロゾフのチョコレートにしました。
無難かな?沢山入ってるし手軽にみんなでつまめるから悪くはないはず・・・?

や~、頑張ってほしいね!私も頑張るから!(何を)

************************************************


エルフの頭部骨格

私は一応ヒューマンレース基準で描いてますが
個人的な理想の骨格はTESっぽい感じだと思います。前頭葉が非常に発達していて頬骨が上気味で顎がシュッと細い感じ。
とくにあまり脂肪のつかないオスはわかりやすく顕著に特徴が出るんじゃないかなあと思います。
しかしそのまま描くと人間の美的感覚からズレてエロ同人として微妙になってしまうからね、しょうがないね


1803ki.jpg

ハイエルフは他種族から見ればどいつもこいつも美しいので、かれらが外見的理由で恋に落ちたり結婚したりとかいうことはほぼありません。
エルフにとって夫婦というのは離婚や死別でもないかぎり数千年~万年一緒にいるのですから
本人の仕草や価値観や考え方、教養、性格、一緒に居て支え合えるかどうかなどのが大事です。
(もちろん相手の身分や地位とか肩書に惚れる現金なエルフもいます。)
4000年経ってようやく結婚したとかいうのも珍しくはありませんし、生涯独身のままの個体もいます。

たとえばエルフ様が夫を好きになったのは、かれは勤勉で神経質だがとても優しいし母性本能をくすぐるところがあるからで
夫がエルフ様に惚れたのは、かの女は猪突猛進な部分があるがおおらかで前向きで自分をいつも励ましてくれるから
かの女がいないとやってけないんです。

誰かを好きになるのに理由などないというけれど、「よくわからないけど一緒に居て楽しい!」っていうのもやはり
立派な理由だと思いますねえ。


ところでエルフの食生活について

エルフ種は数ヶ月食事を取らなくても基本的に死んだり病気になったりしませんが (そもそもエルフは病気しない)、
体力や頭の働きを活発にしたい場合はもりもり食べます。
野菜や植物しか食べないとかいうことは全くありません。そもそも自然を大事にする種族なのに緑だけを傷つけるのは理にかなっていない。
動物の肉だって食べるし、孵化直前のモンスターの卵のなかにも珍味なものがあって喜んで食べます。
おまけにエルフ様の夫をはじめとした学者や魔闘士たちは脳味噌を酷使するので、糖蜜を原液でがぶ飲みします。

解体したモンスター肉を豪快に焼いて家族団欒で食べるその姿はまさに悪食・・・

ただし肉や植物など、そういった原材料が店で売られることはなく(加工品は売られます)
食べたい場合は自分で狩りに行ったり採取してくる必要があります。食べたい物を無駄の無いよう必要な分だけ。
狩りに行くつもりが狩られて死ぬのもまた自然の理です。

エルフもときには捕食対象になります。(たとえばオーガなどの大きいモンスターだとか肉食動物)
それでも知力が高い個体や狩猟の腕のいい個体は戦えるので死ぬことはほとんどありません。
発情期間のメスのエルフはいくら知力が高くても頭が回転しないので危険じゃないか、と思われますが
発情期にはフェロモンが出るので、肉体そのものは食べられずに体液とかエキスとかだけすすられてしまいます。
ある意味命拾いしている?(w
  1. 2014/12/27(土) 19:50:35|
  2. 未分類