ニンジンスキーに捧ぐ

れっつキモヲタライフ

intuos5

ぐへへ、届いたからさっそくマニマルコ爺さんをだな・・・
本気絵の予定でしたが、そもそも一度も描いたことのない人を本気で上手に描けるわけもなかったので
手慣らししています。

うーーーん、トレイラーのあのナイスミドルで妖艶なエルフの感じがどうにも出せない。
どうやったらこのエルフ特有のシュッとした骨格をうまく描けるようになるのか。
エルフと人間の頭部骨格って結構違うんですよね。
エルフは知力が非常に発達しているので脳味噌の容積も違いますし頬骨もやや上で、顎も人間に比べ細いです。
多分私は人間基準でガッシリ描きすぎているのかな。


疲労と眠気には勝てなかったよ・・・なので完成したら差替えておきますね。
まだまだ線の修正と塗り込みが必要です
1773ki.jpg

なお現在の携帯待ち受け。ああんセクシー。結婚してほC・・・・・・ゾンビ化して一生奴隷になる❤
1780ki.jpg


********************************************************************************



さてここからはintuos5についてのレビューをざっくり。

えーーー、私「Intuos pro PTH851」買ったつもりが型番読み間違えていたみたいで
「Intuos5 PTH850」を買ってしまっていました!!!!!!てへっ★


…えーーー・・・と、商品見た時「あ、あれ?」と思ったのですが
自分の注文履歴見たらやっぱりPTH850だったは…。

あーどうしよう、これ返品するべきか。心配になりこれのレビューを見たら、な、なんと
性能や描き心地はintuos proとまったく同じで、違いはタッチ機能の差程度だったようで
「な~~~んだ」と思い、とりあえずintuos3のドライバをアンインストールして
これを新規にインストールしました。私はタッチ機能いらねえよ派なので良かった。


*********************

さて、雑談ばかりもあれなので、ちょっと具体的なレビューを少し描いておきます。

まず描き心地なんですけど、デフォルト状態だとやや硬めな印象でした。
これは個人の筆圧にもよりますが・・・
プロパティでちょこちょこ仕様をいじりながらphotoshopで試し描きしまくった結果

私が一番これだ!!と思った描き心地です。
1771ki.jpg

ペンの傾きの角度って意識したことなかったんですけど、
よくよく私の手を見たら、普通に描き描きしているときは40-45度ぐらい寝かせていて
髪のベタや艶、カケアミのときは10度ぐらいに立てて描いてたんですよね。
自分でも初めて気付いたわw


さて、このように設定してようやくintuos3と同じ描き心地になりました。
それで暫く上のマニマルコ様描いてたんですけど
どうにもペン芯がかさつく感じがする……と思い、付属の芯を全種類試しました。

「ストローク芯」(灰色のプラっぽい芯)にしてみたとき


んほおぉおおッ!なんだこれは!紙じゃないか!!!!!!!


描いた時、まじで「うおっ!」って声が出ました。
神とゆーか、まさに描いている感触が「紙」なんですわ。

す、すごい。この描き心地を体感した時、一気にIntuos3を超えたと思いました。
その感触でマニマルコ様の髪の毛さくさく描いてました。んほおおおッ!最高!!!


ついでにタッチ機能とファンクションキー機能全部無効にしてやった。
私が使うのはペンだけでいい。

というわけでこれから数年間よろしくねえ、相棒。
1774ki.jpg



そして、7年半近く本当にお疲れ様でしたIntuos3。
これ私が大学2年なりたてのころにバイトして買ったんですよ・・・。これと共に初めての商業誌の仕事をしたし
同人活動の9割の期間はこれと共にあったのです。感慨深い。

ただ完全に壊れているわけではないので、Intuos5が故障したときや万が一の時の予備機として
これからもそばに置いておく所存です。
1775ki.jpg
  1. 2014/09/06(土) 02:39:48|
  2. 未分類