ニンジンスキーに捧ぐ

れっつキモヲタライフ

続き


3年前の2011年に「ニケル砦にて」という名もなきフリーの戦士とアサシンの青年のガチホモ話を描いたのですが
続きを描こう描こうと思って結局描いていなかったのですけど
絵ができたのでデザフェスの準備が終わったらちょっくら裏ブログで打ちます。
やっと描ける・・・ずっと描きたかったので気合入れて文章を打たなくちゃ。

スカイリムが発売されて久しいので舞台はスカイリムのヘルゲン地方になります。ただ時代は第三期末期になります。


~あらすじ~
名もなきフリーの戦士の男は30代も半ばにさしかかっているので、そろそろ落ち着こうと金貨を貯め、
家をどの街に買うかなどルンルン気分なままニケル砦そばにある湖へと身体を清めにやってきました。
するとそこに、性別を見間違えそうなほど絵に描いたような美しいブロンドと容姿を持った青年がいました。

戦士は断じてホモではありませんが、水浴びをするその美しい青年が気になって仕方がありません。
それをお見通しだった青年は、戦士に法外な金銭を提示し一晩寝てやってもいいぞと言い、
口車とテクに逆らえなかった戦士はついにその高額なゴールドで美青年と初のアッー!な一晩を過ごしました。
それはそれは女とのセックスは一体何だったのかというほどの夢のような時間でした。

しかし朝起きると、既に青年の姿はなく、彼が提示したゴールドはもとより、戦士の所持金及び貴金属類が
ものの見事に綺麗さっぱり盗まれてしまっていたという情けない事態に。
戦士は、今度出会った暁には必ずあのクソホモビッチを殺してやると胸に近ったのでした。


・・・さて、そんなほとぼりもさめて月日がたち、ユリエル皇帝が殺害されタムリエル中にオブリビオンゲートが開き始めた頃。
ゲートに突っ込んでは次々と死に逝く猛者どもを眺めてきた戦士は、己の腕っ節に自信があったので
自分がゲートを閉じてやるゼと奮い立ちスカイリムにやってきました。
(シロディールはクヴァッチの英雄が踏ん張っているので出る幕無し)

恐らく同じ志を持った他の戦士たちがたむろするヘルゲンの宿の酒場で飲んでいると
見覚えのある金髪が・・・・・・そう、なんとあのにっくきクソホモビッチもとい美青年とまさかの再会を果たしたのです!

obli94.jpg



****************************************************




そういやデザフェスの帰りの便、伊丹空港着だったな。覚えとかな。行きは神戸発です。
伊丹とか10年ぶりぐらいの利用ですね・・・神戸着が満席だったのです。

伊丹といえば某ハシゲさんが府知事だったころ言及しまくってきて「うるせえほっとけや」って感じでしたね(by兵庫県民)


でも今更気が付いたんですけど、帰り新幹線なら東京駅から姫路まで直行じゃねえか・・・という(アホ)

新幹線高いしィ~三時間以上かかるしィ~とかいって飛行機を超早割で予約するのが常なんですが(神戸からなら定期使えますし)、
よう考えたら伊丹から姫路行のリムジンバスが2100円するんですよ、んで飛行機代加算したら
帰りは新幹線より少しだけ安い程度ですね・・・これなら直行の新幹線のがラクじょのい。

あー失敗したかな・・・まあいいか。こんなこともありますよ!(自問自答)



飛行機は最近は大体ANAを超早割で予約みたいな感じですねえ。たまにSKYかな。
ANAは通常金額だとアホみたいに高いんですが、凄い早割だとスカイマークより
安い値段でなおかつ機内でゆったりできるしマイルも溜まるので結構イイ感じです。

大学生の頃9600円で沖縄に行けたのはでかかった。しかも座席ガラ空きで寛ぎ放題でしたねぇ。
オフシーズンでしかも普段の日だったからね…。


スカイマークと言えばCAがミニスカ制服になったのが話題ですね。
女の私としてはあんまり興味がありません。寧ろイケメンCAもっと採用しろよって感じです。

フィンランド航空なんか金髪オールバックの笑顔が素敵なイケメンフィンランド人がCAやってて
サービス受けるたびにデレデレしてました。通路側の席で良かったと初めて思えた空路でした。(素直)



・・・え、JAL?そもそもJALは神戸空港から撤退してしまったので乗ることがなくなりました(死)

  1. 2014/05/03(土) 01:12:23|
  2. 未分類