ニンジンスキーに捧ぐ

れっつキモヲタライフ

裏面

描く時間がないのでカルロスとよし子夫妻と息子のアルフォンソinこたつ。
とりあえずクリアファイル柄は表はマルグリットちゃんと裏はよし子ちゃんたちになります。

**********************************

日本にて

カルロス「ヨシ子!!俺は帰国する前に買いたい物があるんだ。」
よし子「何が欲しいの?」

カ「ホリゴタツだよっ!」
よ「まあ。あなたは時たまとんでもないことを言い出すのね。
  家にはセントラルヒーティングも暖炉もあるでしょう。充分暖かいじゃない」
カ「そりゃそうだけどさ、ヨシ子の実家のホリゴタツに夢中になってしまったんだよ。」

よ「気持ちはわかるけど、掘り炬燵はそもそも家の床を改造しなきゃだめじゃない。
  工事費もたくさんかかるし、とても無理よ」
カ「Oh……(;ω;`)」


よ「…でも、一般的なテーブル設置型のこたつなら、置けないこともないわね。」
カ「(*゜∀゜)!」

***そして帰国後***

1646ki.jpg


よ「アルフォンソ、ちゃんと学校の宿題は終わらせたの?」
ア「ううん、まだだけど…もうちょっと温まってからやるよ、ママっ。」
よ「だめ。そのまま眠っちゃうでしょう。ママは今からアーリーとジョルディを迎えにいくから
  ちゃんと今からやっておくのよ。」
ア「うう~~……はぁい。」


よ「カルロス、階段の電球が接触不良かもしれないの。見てくれる?」
カ「うん、あと5分待って!今はここから出たくないんだっ。」
よ「もう…。」


(電球を直しながら)

カ「ああ、俺はもう冬が終わるまで仕事に行きたくないよ。それかコタツごと外出したいなぁ。
  もう事務所が俺の元へ来てくれたらいいのに!」
よ「あなたまで子供に逆戻りしてどうするの。本当にあなたとアルフォンソはそっくりね。」

カ「待っててヨシ子、近いうちに独立して近所に事務所構えてコタツに入りながら
  仕事できるようになるよう俺頑張るからね
よ「はいはい期待しておくわ。(買うんじゃなかったわ…)



***

2人の職業について、昔ツイッターやってるときもぼそっと呟きましたが
カルロスはこう見えて税理士関係(contador Impuestos)の仕事をしていて
よし子は大卒後にしばらくオフィス勤めだったけど子供が生まれてからは
在宅で学術書の翻訳業とか個人向き旅行等の手配業をしていると思われます。

同人誌の中では同じ学部だと表記してしまったけど、多分違うよなぁと思います(´Д`)
ドイツでは資格が重要視されますがそれはスペインでも同じことだろうなぁ。
ドコ大卒なのはいいとしてその大学で何を学んで資格を得てそれを今後の仕事にどう生かすかが重要という。

それは日本の大学の、特に理系学部でも一緒ですな。日本において理系は本当に強いわ。
ああでも、文系にしろ理系にしろ「いい大学を出た」ということは勉強する努力をしたという証し
でもあるので大いにプラスに見てもいいんじゃないかと思う。


なお私は大学受験勉強すらry

  1. 2013/12/11(水) 21:06:49|
  2. 未分類