ニンジンスキーに捧ぐ

れっつキモヲタライフ

楽しい・・・・・・

最近からちゃんと漫画の中の背景を設定しはじめました。おせえよ!
私の漫画はいつも背景が適当すぎるのですが、背景のクオリティを高くするのは
いきなりは無理なので、せめてぼちぼち大まかなことは決めておこうと・・・

1473ki.jpg

部屋はキャラクターの性格が出そうで良いですネ。
例えばエルサリオンは片付けが苦手で本が散乱しっぱで数か月後に
これはイカンとせっせこ片付け始めるタイプ…(私か)


エルフにはエルフの文化がありますが、
そこそこ文明的な生活を送っていると思います。

とはいえどんなに学がなくても火を出したり氷を出現できる生まれながらの魔術師である彼らは、
知識を深めれば酷い外傷を負っても治癒魔法で傷を完治させ、魔法で遠い地域とコンタクトが取れたり
精鋭魔術師にもなると(エルフ様夫妻ぐらい?)時間抵抗なしに別の惑星へ瞬時移動したり
もっと頭がおかしいと星操術や死霊術が使えたりする生物なので
あえて発展させる必要もなく生活に必要最低限のものだけしか使ってない感じですな。
奴らの脳味噌はどうなってるんや・・・

長期間飲まず食わずでも死なないし、病気にもかかならいので医療は発展しておらず
(おかげでメスのエルフの発情期症状を緩和させたりすることについては
 これといった手立てがないので「自然現象なんで我慢しましょう!」みたいな…)
悲しいことに発情期に対する魔法学もこれといって発見されておらず。
麻痺か昏睡魔法で発情期間無理矢理寝かせとくぐらいがギリギリですが体に負担がかかるのでおすすめしない。


臭いわイタズラ好きだわで忌み嫌われているゴブリン(敵対してません)を、地域によっては
ペットにして家畜追いや留守番、手伝いをさせたりな習慣も・・・

はあ、高貴なエルフがこんなことをするなんて・・・
エルフの世界にも少数民族なエルフ種には多種多様な文化や習慣があると!いいですね!!ちょっと理解しがたい文化とか・・・
色々描いていきたいです。

なんかそういうのが沢山あると勝手にエロに結びついてくれたりするので良いですのう。
  1. 2013/04/03(水) 00:05:45|
  2. 未分類