ニンジンスキーに捧ぐ

れっつキモヲタライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エルフ様 の 夫

いつも描いているエルフ様本に出てくる、エルフ様の夫です。
めずらしく単体で描き下ろしをしました。
1255ki.jpg

ハイエルフのお兄さん(っていう年齢ではない…) 彼は王宮勤めの言語学者です。
帝都大学在学中から400年近くにわたり様々な種族や地方の言語や文化を研究しており
知識も豊富で難度の高い魔法もそつなくこなすインテリ(?) 人間の言葉もわかります。

奥様であるエルフ様をとっても溺愛し、大事にしておりますが
実はエルフ様との結婚が初婚ではありません。

30歳ごろに結婚した最初の奥様をモンスターに殺されてからというもの
ショックでそれから150年ぐらい誰とも恋愛関係になりませんでしたが
その後、今の奥様であるエルフ様と、少しずつ親睦を深め結婚しました。
エルフ様も王宮勤めなのでエリート夫妻ですね。ウヒ!

エルフ様の発情期に彼女が他の魔物や下界の人間にしっぽり犯られることは
彼にとってはもう嫉妬と不安の要素でしかないのですが、
本来エルフのオスはセックスに対しかなり淡泊で種も薄く、発情期のメスを満足
させることができないので、心のどこかで諦めも入っているのでしょうが、
やっぱり辛いようです。
エルフ様がちょっとどこかに行ってしまったときに過度に心配し捜しまわるのも
もう愛するパートナーを失いたくないという無意識な気持ちの表れでしょう。

でもエルフの寿命は数千年、これからまだまだ人生は長いので
どうなるかはわかりません。



基本的にエルフ種以外のものは見下しています。
ドワーフ(広義ではエルフに属するけど)や人間、魔族、あときったないモンスターとか大嫌いです。

しかしダークエルフやオークにかんしては昔から共存してきており、
職場も一緒なのでそういう感情は無く、同じエルフとして普通に接しています。
  1. 2012/09/09(日) 03:59:50|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。