FC2ブログ

ニンジンスキーに捧ぐ

れっつキモヲタライフ

ありがとうございます。

先日の件で何件かメールいただきました。温かいお言葉ありがとうございます。

なるたけ身近な人には話を聞いてもらって少しだけマシにはなりましたが、やっぱり夕方以降出歩くことや
7時〜8時台にバス停から一人で歩いて帰るのは怖いですね。事件現場通らなきゃ帰れないので^_^;
あと後ろから肩を叩かれると完全にビクッとしてしまう(あの時も後ろから両肩をポンと叩かれ振り向こうとした直後に抱きつかれたもんで(汗)

この話を聞いてくれた人の反応、全員が全員「うわきっしょ…」でしたねw
猥褻行為自体より両肩を叩いた行為に対して。確かにあの手つきには死ぬほど気持ち悪さが凝縮されていた。笑笑


女性が深夜に外出するのはもちろんやめた方がいいですが8時台も危ないんかね。
日本は世界一安全?ははは妄言も大概にしたまえ🤠🤣




◆原稿についても、何とか自分でできるところは自分でやっていきますが、引き続き募集中です。
ひょっとしたらインデックスに記載しているページ数が減り謝礼も減るかもしれませんが、
興味のある方いらっしゃったらよろしくお願いいたします。


エロ自体はじきに描けるようになると思います。そう感じています。
まあでもやっぱりレイプや陵辱系はもう無理な気がしますぉ

まあうちの漫画でガチレイプのものは思ったより少ないので(いつも発情期にノリノリなエルフ様ばっかり(笑))
変態道突き進んどきゃいいかな。

今後描きたい奥の太道完成版も、ホモショタ本もレイプ系ではないですから描きたい。




ただねうちの同人誌「苦痛の典礼」あるやないですか、
今となってはなんでダイルネル教授はフェアラミル夫人にあんな仕打ちするんだろうって思いますね。作者ながら。

夫人は今じゃ教授の召喚した生物と発情期にあんな関係になってますが、
ウコバックに初めて犯された時っていくら発情期とはいえすごい恐怖だったと思うんですわ

教授は夫人の話を聞いて抱き締めてやれば良かったんじゃないかって。
貴族の身分を捨ててまで自分についてきてくれて貧乏な時も健気に支えてくれた夫人をさあ。

今となってはそうすれば良かったと後悔しています。


はあ。


今後ひょっとすると教授が奥様の本心を知って、己の固執した考えを改める漫画(非エロ)描くかもしれない。
描きたい 笑。
  1. 2018/05/22(火) 18:55:54|
  2. 未分類