ニンジンスキーに捧ぐ

れっつキモヲタライフ

愛犬死す

17年生きたチワワの愛犬ころすけ(雄)が本日4日18時過ぎに息を引き取りました。

1年以上前から段差とかよう昇らんようになって、散歩も殆どあるかなくなった。
4ヶ月ぐらい前から目は見えなくなり耳も聞こえなくなった。
ここ2か月以上は自力で立てない状態が続くも食欲はあり、排尿排便共に健康でしたが
年末になると嘔吐・下痢をしてしまい、いつも行ってる動物病院(閉まってる…)に電話するも
多分もう老衰でどうにもできんと先生からの返答。

この1年であっという間に目に見えるように老いていった。

このまま2017年を越えられずに逝ってしまうのかなあ、と思いつつ私は東京へ発ったが
なんとか年を越せましたけれど、2日ぐらいからジェル状のえさすら食べられなくなり
私は自分で作った犬ご飯(小松菜南瓜麦ごはん鶏胸ミンチにんじんを細かく切って煮たもの)を
フードプロセッサーにかけ液体状にしてスポイトで与え、それを力なく飲んでいた状態で
「もういよいよか…」と思いつつ仕事に出かけて帰宅途中に母から連絡が入った。

舌を出して体内の尿だとかが全部漏れ出た状態で、しかし痙攣や発作など苦しんだ様子もなく
静かに息を引き取ったようで…。

身体を綺麗に拭こうと抱っこしたら恐ろしく軽かったな。毎日抱っこしてたからわかるけど
年末から殆ど食べなくなって、骨と皮状態になっていったんですよね。


でもなんか、悲しいけどあんまり涙とかは出ない。多分苦しまずに天寿を全うしたからかもしれない。
病気もケガも何ひとつしなかった親孝行な子だったな。

最初に外で飼っていたビーグルはフィラリアで、2匹目のキャバリアキングは心臓発作痙攣で、
そして去年亡くした十姉妹ちゃんはメガバクテリアで
みんな苦しんで死んでいったから私は後悔と申し訳なさで暫く立ち直れなかった。
だから元気なまま天国に旅立ってくれたからよかったと思ってます

2263ki.jpg

2017年12月30日早朝、私が東京へ発つ前に撮影したもの
なんかこのとき「今生の別れになるかもしれん」と思って撮った。
  1. 2018/01/05(金) 00:18:54|
  2. 未分類