ニンジンスキーに捧ぐ

れっつキモヲタライフ

んんん

新刊加筆修正するまえに描き直すページを延々考えているのですが
よう考えると、ネームをこねくり回し過ぎて無味無臭というか
可もなく不可もない出来になってる気もします。
余計な描写があって必要な描写がごっそり抜けている気がする。


描き直したい所はざっと挙げると

・1日目よし子が混浴場でディルドでおなるシーン
・2日目夕方よし男がよし子をはげますシーン


この二か所を書き換えるだけで後半の展開が全然違うものになるので
結果的に40ページぐらい(ていうか後半ほぼ?)描き直す破目になりそうなんですが

・1つ目は、そもそもお嬢さんのよし子がディルドで大衆浴場でおなるなんてちょっと下卑すぎているということ
 どうせなら大人のおもちゃ無しでやらせたほうが恥じらいがあって可愛い。

 それから、カルロスは今回の新刊でこのディルドをある種脅迫(?)材料に使っているけど
 彼はそんな小細工しなくてもどーんと構えているので女の扱い方をよく心得ているはずです。
 1日目昼間ノリがよくてフィーリングで生きてそうな彼が、同じ日に浴場であの行動をするのはちょっと
 人が変わったんじゃないか?とも感じます
 "俺は困っている女の子をさらに困らせるようなことはしない"って自分で言っているから。
 あまりよし子を困らせずに寝取る方法を考えよう。
 

・2つ目は、よし男がよし子に劣等感を感じていながらも2日目の夕方に浴場で励ますシーン
 よくよく見たらちょっと唐突である。そう言いたい気持ちになったきっかけの描写がない。
 ひょっとして無いほうがいいんじゃないか?むしろよし男には「留学がなんだ、どうせ家庭に入ったら意味なくなるだろ」
 って女卑った考えさせたほうが描きやすいかもしれない
 
 …けど、彼は生憎そういう腐った性格はしていないので、何も言えずに無味無臭の二泊三日で終わっちゃう
 みたいな終わり方でもいいかなあ。でもそれじゃあ話にめりはりがつかんなあ。
 うーん


・あと寝バックかきたい
・だいしゅきほーるどかきたい

寝取られに絶対入れたい要素ですが、今回このどちらも描けませんでした。
単純にあのエロシーンに加えるとくどいから
やはりエロシーンも描き直ししまくるべきやな
もっといい表現方法があるはず



考えている時間は苦痛だけど楽しい~♬
先日発行したものよりもう少し良い出来のものにしようと努力しますので
宜しくお願いいたします。
  1. 2017/01/05(木) 00:22:07|
  2. 未分類