ニンジンスキーに捧ぐ

れっつキモヲタライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マジで!(゜Д゜)

私が今まで使っていたsk2のCCクリームはファンデーションの一種だと思っていたが
どうやらUV防止兼色付き下地であって厳密にはファンデーションではないらしい。

うおー、ということはずっとノーファンデだったということか。なんかちょっと嬉しいぞ。
でもこれのカバー力凄くてマジでファンデーションいらんレベルで肌色も一段明るくなります。
8400円(konozamaで買えばもっと安い)するけど1本で半年ぐらいもつのでコスパはプチプラ並みに良いんじゃないか?
現に私は二月中旬に買って今の今もまだ残ってる状態です。

なおここ半月ほど石鹸をシラスソープとかいうのに変更したらにきびが全くできなくなってシミくすみも薄くなってきて
めっちゃ感動している。。。スギ薬局でたまたま目にして買ってみましたが
ちょっとだけ高いが使う価値はあると思います…。ネットで泡立てて泡洗顔でどうぞ…


や~もともと顎にニキビけっこうできるしなんか近年は自分の衰えをひしひしと感じるようになって、
ちょっとでもマシにならねばと思い色々難民やってましたが、ようやく落ち着きそうだー。うむ。



**************************************

「saturae」で描いたショタっ子のラファエル・ヒルシュの成長後(20代)を描こうとしたがどうみても幼すぎる
これじゃあ10代中盤がせいぜいやわ。

いや、おねショタ本を書店委託するにあたって彼が色んな奉公先を経て故郷ドルフマーレンに戻ってきた
その後の彼の腐れ縁幼馴染の女の子ゾフィー・リンダオアーとの漫画を描きおろし収録したいのですが、はてさて。
その話はおねショタではないです。

舞台はマルグリットちゃんやフォルカー、ゲオルクらの村マーレンを軸に繋がるように描けたらいいと思います。

2034ki.jpg

なおラファエルが最初に奉公したリーゼロッテのいる村はマーレンから少し離れた位置にありますが、
おそらくラントクライスは一緒かもしれない?のでさほど遠いわけでもありません。




ところで私はシュワーベン地方にずっと滞在していましたが、そこを拠点に色々な場所へ行きました。
少し西方向にあるオイティンゲン地帯もめちゃくちゃのどかでいいなあと思いました!
シュヴァルツヴァルト寄りです。というかシュヴァルツヴァルトにあるフロイデンシュタットがラントクライスです。

テュービンゲンから列車で行く場合はHorb駅手前で降りる必要があった気がします。(乗り換えだったっけ?)
Horb am Necker駅はけっこう乗り換えの重要地点で、テュービンゲンなどの小さな街からスイスやズィンゲン、ロットヴァイルに行く
場合はまずここに行くと良いです。シュトゥットガルト発ならチューリヒへの直行便があるのですが…
  1. 2016/08/26(金) 00:13:47|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。