ニンジンスキーに捧ぐ

れっつキモヲタライフ

ホゲッ…

先月少し左胸に2センチぐらいのしこりがあって不安だから検査いってくる、と書いて
先日予約した日に行ってきました。

先生曰く
「今回は細胞診はしない、でも私はこのしこりがかなり気になる。たぶんおそらくこれはがん細胞ではないと思うけれども
 即要精密検査のハンコが捺される度合のものなので一度日赤病院でMRI撮影受けたほうがいい」
といわれました。嚢胞のたぐいかな?紹介状書いてくれるとのことです。
3Dマンモグラフィー見せてもらったらたしかにかなり白くなってる部分がありました。

正直、自分では「これは気のせいのものなのかも」程度に考えていましたけど気のせいではなかったようだ。うーん。
今もちょっと痛いです。

うちはガン家系ではないのであまり気にはしていませんが(といいつつ結構気にしている…)、
卵巣腫瘍もいずれは手術で取らなきゃならないことを考えるとちょっと憂鬱やなあ。
まあ悪性じゃないのはいいことだ。


んまあそんなわけで、20代後半の私でもこんな結果になってしまってるので、
若い皆さんもがん検診はしっかり受けておいたほうがいいですぞ。はい。
若いうちに見つかったら悪いほうに考えるんじゃなくて、むしろラッキーに思ったほうがいいっす!


  1. 2016/07/08(金) 01:09:23|
  2. 未分類